生はちみつをお勧めする理由(非加熱・酵素栄養学・発酵食品)

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

マロンが扱っております蜂蜜は、すべて生(非加熱)です。加温もしていません。

現在、プレミアム商品である「野の蜂蜜」があり、5月頃より順次、お手ごろ価格のセージ生はちみつ、アーモンド生ハチミツ、オレンジ・ブロッサム生蜂蜜、ワイルド・フラワー生はちみつなどを発売いたします。


今日は、なぜマロンが生(RAW)ハチミツをお勧めするのかをご紹介いたします。



その理由は、
蜂蜜は、発酵食品だからです!

hakkouhatimitu.jpg

発酵についてご説明するにあたり、有名な酵素栄養学についてご紹介いたします。

発酵とは何でしょう?

ハチミツで言うところの発酵は、酵母菌(酵素を含む)が蜂蜜に含まれる糖分を食べ、有機酸と炭酸ガスを発生するプロセスをさします。

この酵母菌(酵素)は一般的な学説で、46度の熱を加えると死ぬといわれています。ただし、46度の時点で全滅ではなく、46度に達するとじょじょ〜に死んでいきます。

酵素栄養学というのは、今、形を変えてRAWフード(ローフード)という新しいダイエット方法!?として日本でも紹介され始めていますが、もとは1985年に発売されたエドワード・ハウエル医学博士(通称ドクター・ハウエル)著作の「Enzyme Nutrition
: The Food Enzymes Concept」が始まりです(日本語訳は絶版ですが、酵素栄養学の本は書店に行けば関連書籍が見つかります)。

kouso.JPG

この学説は、
人間の生活習慣病は食べ物を加熱したことから始まる。非加熱食品を食べている野生動物に生活習慣病は無い。」が基本コンセプト。

「人間の体内には潜在酵素があり、自然の食べ物には食物酵素が含まれている。食べ物を非加熱で食すことにより、食べ物自体の食物酵素でスムーズに胃腸での消化が進むので、人がもともと持っている潜在酵素を使わないで済む。その分の潜在酵素を新陳代謝に使えるため、より健康でいられる。人が風邪を引いたりしたときに食欲を無くすのは、食事をして潜在酵素を消耗してしまうのを防ぐためのメカニズム。」というものです。
(なお、この理論は1980年代のもので、消化酵素や潜在酵素そのものの存在に疑問を唱える方もいらっしゃることをお伝えしておきます)

米国へ行けば、NYやLAなどの大都市で必ず見かけるローフード・レストランはこの理論をベースに、46度以下で食材を調理しているのです。

ここでポイントは、

食べ物の発酵  と、

食べ物の腐敗  は、違うというところです。

同じ仕組みですが、人に有用なものを発酵といいます。

そこで!思い出してみてください。

昔っからお味噌汁を作るとき、お鍋の具に火が通ったら火を止めて、お味噌をときますよね。味噌、醤油、納豆、酢、お漬物などなど、日本人の食卓には美味しい発酵食品がたくさんあるのです。

なるべく火を入れすぎずに、これら伝統食材を頂くのは、とても健康によいのです!

マロンが生蜂蜜をお勧めしますのは、本来生で食べれて健康にも良いものですから、そのまま生で食べたいという理由からです。

野の蜂蜜」が非加熱である証拠に発酵しているところは、こちらの写真で確認していただけます

このお話は、また機会を見て続きをご紹介いたします。

美味しいトルコ料理の集い。

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

先日、トルコ人とアメリカ人の国際結婚カップルのお宅にお邪魔させていただき、美味しいトルコ料理を沢山頂いてきました。

turkey.jpg

すごいご馳走!今日はユダヤ教徒のお友達も数名来るので豚肉は無しです。

マロンが気に入ったのは、このお写真の真ん中に写っている"SAKSUKA"。茄子、かぼちゃ、ポテトをオリーヴオイル、塩、トマトで煮込んだお料理です。こういうシンプルなのが一番美味しいです。

turkey2.jpg

中近東あたりでよく見る、ヨーグルトを使った冷製サラダも2種類頂きました。ツナやきゅうりが使われていました。

turkey3.jpg

マロンが一番気に入ったのはこれ!牛肉のタルタルです。ハーブが効いていて、お肉臭さを感じないフレッシュなお肉サラダでした。

turkey4.jpg

そしてメインディッシュは・・・!!
トルコ風春巻きです♪

turkey5.jpg

こちらの素敵なトルコ人女性が二人で揚げてくださいました。正真正銘の本物のトルコの春巻きです・・・!!
中身は、チーズ&ハーブと、お芋でした。

turkey6.jpg

一口サイズのトルコ風ハンバーグも焼いてくださいました。

turkey7.jpg

こういうフィンガー・フードってパーティーに最適ですよね。熱々が冷める間もなく、あっという間に完売しました。

トルコ・ビールで盛り上がり、お食事の後はトルコ民族音楽にあわせて踊ったり、お話したりと楽しく過しました。お招き頂きありがとうございました。

マロンちゃんのお友達登場!

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪


今日は、マロンのクラスメートご夫妻のためにイラストを描きました。
ずっとリクエストされていたのだけど、なかなか時間が無くて・・・。

oekaki.jpg

特にどうということのないイラストなのですが、ひそかに二人の特徴を盛り込んでみました。

毎年、必ず二人で写真館でポートレイト撮影をされるとのこと。2009年度はマロンのイラストを代わりに飾ってくださるそうです!

7月に大学院の授業が終わるまで、なかなか時間が取れませんが、また時間を作ってライス君とマロンのイラストを更新したいと思います♪

ポピー・フェスティバルへ行きました。

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

今日はライス君と一緒に、Antelope Valley Poppy Resereve Parkと、ポピー・フェスティバルへ行きました。

Lancasterというロサンゼルスの北にある街まで、パサデナから1時間ほどドライブして行って参りました。

Antelope Valley Poppy Resereve Park を Google で探して走ればあたり一面のポピー畑を無料で楽しむことが出来ます。

pop1.jpg

日本でよく見かけるポピーより、一回り小さいです。

pop2.jpg

ポピーだけでなく、紫や黄色の可愛い野花が沢山咲いています。

pop3.jpg

カリフォルニア(アメリカ?)では、少し山の手を走るとすぐにお馬さんに出会うことが出来ます。可愛い・・・。

pop4.jpg

素敵な風景を満喫し、うっかり青空の下で日焼けをしてしまいました。もう、4月に入ったら日焼け止めが必要ですね。

ポピー・フェスティバルは、地元ランカスターにお住まいの人々向けのお祭りという感じ。地域のお店や教会、NPOなどが出店し、皆でダンスや音楽を楽しんでいました。なかなか規模は大きく、食事を買って芝生で食べてお昼ねしたり、家族で遊ぶにはいいかも。

pop5.jpg

すごかったのは、砂で作ったお城&人形の展示です。

pop6.jpg

こちらのおじ様が4日かけて作成されたんだそうです。
とても繊細でリアル、全体のプロポーションも取れていて素晴らしい!皆立ち止まって写真を撮っていました。

一歩ロスから北に出て、アジア人がほとんどいない街で過した週末・・・。それにしてもアメリカは本当に広くて土地がいっぱいありますね。

お肌ツルツル・蜂蜜とミツロウの万能バーム(軟膏)

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

手作りミツロウとオーガニック蜂蜜のバーム(軟膏)の記事の続きです。

さて、こちらで手作りのミツロウとオーガニック蜂蜜の万能バーム(軟膏)を手作りしましたマロンです。

ミツロウと蜂蜜はともに殺菌力が高く、また今回はこれからの季節〜夏〜に向けて、虫さされやあせもにポイントを置いてラベンダーとティートリーをブレンドしました。

このブレンドですと刺激もなく、意外な使い方もしていただけます。

意外な使い方とは!?

それは・・・メイク落とし(クレンジング)です!

アイライン、口紅、マスカラなどの割りと”濃ゆめ”のメイクを落とすのに、ミツロウとオーガニック蜂蜜のバームが活躍します!

使い方は簡単♪

綿棒の先に少しバームを取って、こすりすぎないようにそっとメイクとなじませて優しく落とします。

試してみてくださいね♪よく落ちますよ♪

そして、夜の洗顔後に化粧水をして、その後にこのミツロウとオーガニック蜂蜜のバームを美容液・乳液代わりに使うのもお勧め!

翌朝、お肌がプルップルになります!

すごい!ミツロウとオーガニック蜂蜜のバームっていいのね!でも材料を揃えたり、作るのが面倒だわ・・・という方には、イギリスのオーガニック認証原材料をさらに厳選し、こだわってブレンドされたOrganic Botanics(オーガニック・ボタニクス)さんの「ORGANIC BALM オーガニックバーム」30g 4,620円(税込)がお勧めです。
Balm.jpg
オーガニックコスメ 厳選303、美的、Graziaなど本当に沢山の雑誌に掲載されている大人気のバームなのでご存知の方も多いはず!

eyecoさんの07〜08年の人気商品ランキングで48位だったそうですよ♪

こちらはティートリーのほかに、マリ−ゴールド(カレンデュラ)や、セントジョンズワートがブレンドされています。

#残念ながら、アメリカでは手に入らないので、日本のお友達にお願いして送ってもらってくださいね。

続14)近所をお散歩:美味しいインド料理と薔薇を満喫

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

こちらに続いて、久しぶりに”近所をお散歩”情報を更新いたします。

indo.jpg

今日はずーっと行きたかった近所のALL INDIA CAFEへ行きました♪

パサデナの名店にも選ばれたインド料理屋さんで、いつも沢山お客様が入っているお店です。

indo2.jpg

マロンは、ほうれん草を使ったパラク・パニールが好きなので早速ベジタリアン・ランチを注文。お豆のスープ、サラダ、ナン、ライスがセットでついてきました。

こちらのお料理、新鮮なハーブの香が効いていてとっても美味しかったです!
サラダの野菜もシャキシャキでした。
ライスとナンも、普通に美味しく・・・ハーブ好きのマロンとしては、かなり気に入りました。ランチでチップ・税込み10ドル程度。
他の料理も試してみたいなと思いました。

bara.jpg

それから、すぐ近くにある”パサデナのセントラル・パーク”へやってきました。すぐ近くにGreenキャッスルという1920年代のリゾートホテル建設ブームに建てられたビルがあります。
(ブーム当時に建てられ、現存している唯一に近いビルなのだとか。今は結婚式場と、分譲アパートになっているようです)

bara2.jpg

講演の中に丸く形がとられていて、ボンボンっと様々な色の薔薇が植えられていました。そういえばちょうど大学のキャンパスにも色とりどりの薔薇が咲いています。

bara3.jpg

白、黄色、赤、ピンク、オレンジ、紫・・・。マロンは、花弁が丸っこくってピンク色のものが好きです。

bara4.jpg

アメリカって薔薇もサイズが大きいです。
マロンの手元と比べてみてください。なんだかやけに大きくありませんか?日本と品種が違うのかしら?

それから、品種によっては一年中花をつける薔薇もあって、パサデナでは一年中、どこかで見かけては楽しむことが出来ます。

はちみつ手作り化粧水♪蜂蜜ハチミツ

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

今日は手作り化粧水をご紹介いたします。
マロンのスキンケア・コンセプトは「食べても大丈夫なくらい安全性の高いものしか顔に塗らない」です。
そして目指すところは「ファンデーションの要らない肌になる」です。

詳しくは、蜂蜜ビューティーセミナーなどでお話をしております。ブログではちょこちょこっと便利アイテムをご紹介します。

<< 用意するもの >>

・オーガニックのドライハーブ(今回は夏の保湿・美白・テカリ予防を意識してカレンデュラ、フェンネル、ローズマリー、ヒースをそれぞれ小さじ3分の1づつ用意しました)
・精製水 50ccを2つ
オーガニック蜂蜜小さじ3分の1

kesyousui1.jpg

kesyousui2.jpg

<< 作り方 >>

1)ステンレスのお鍋に50ccの精製水をいれ、沸かす。軽く沸騰したらハーブを全ていれ、浸出させる。3〜5分でハーブは取り出す(茶漉しでこして別の入れ物に移すなど)。
2)1の粗熱が取れたら、分けてあった別の精製水50ccを加える。
3)冷めてからハチミツを入れ溶かす。
4)密閉容器に入れて、冷蔵庫で1週間保存し使えます。

終わり!

・・・あら、これって・・・??

そうです。ハーブティー&ハチミツです。

ハーブティーの代わりに、ローズウォーター(ハイドロソル:アロマテラピーで学ぶ、植物のエッセンシャルオイルを蒸留する際に得られる水)や、ネロリウォーターなどに蜂蜜を溶かしても良いです。

この化粧水は、文字通り食べても良いくらい安全性が高く、かつ安く新鮮なものが作れますので、お顔だけでなくバシャバシャ全身に使ったり、佐伯チズさんもお勧めのローションパックなどにお使いください。

お化粧水は、高いものをチビチビ使うより、こんな新鮮で安全なものを何度も重ねづけしてたっぷり使うほうがお肌がよみがえります!マロンは睡眠不足が続くとお肌が乾燥してくるので、お風呂上りに最低3回は化粧水を重ねつけするようになり、しっとり・プルプルになりました。

本当は、たっぷり睡眠がとれたらいいのですが、なかなかそうもいきませんもんね・・・。

そしてこの化粧水は、一度材料を揃えれば1週間分で100円もかからないと思います。

ハーブのエッセンスがたっぷり。そして蜂蜜を入れることで保湿効果が増し、また”とろみ”が出るため手で扱いやすくなります。新鮮でなくなると香りが変わるのですぐわかります。そしたら、捨ててくださいね。

ローズマリーの香りが気になる場合は、量を減らしてください。でもローズマリーは天然の防腐剤として活躍してくれますよ!

ぜひ、お試しあれ・・・!

手作りミツロウとオーガニック蜂蜜のバーム(軟膏)

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

今日はお台所で手作業をいたしました。

手作りのオーガニックはちみつミツロウのバーム(軟膏)を作りました。

材料:
・オーガニック認証みつろう(BEE WAX)2g
オーガニック認証非加熱蜂蜜(ハチミツ)1滴(0.5ml)
・オーガニック認証エッセンシャルオイル
ラベンダーとティートリーをそれぞれ1滴(0.5ml)
・オーガニック認証サンフラワーオイル10mlまたは9g

※はちみつは、エッセンシャルオイルが5滴に対して1滴程度が目安です。
間違って1さじも入れないでくださいね。
サンフラワーオイルは、100ml=約91〜93gです。

ぴかぴか(新しい)すべて厳選されたオーガニック認証の原材料を使用ぴかぴか(新しい)

作り方:
1)小鍋にお湯をわかす
2)ガラス瓶を用意し、中に蜜蝋とサンフラワーオイルを入れ湯煎にかける。
こちらのお写真も参考にしてください。このお写真ではガラス瓶の代わりに小さな小鍋を使っています。)
3)ミツロウが溶けるまで温める。
4)みつろうが溶けたら、火から下ろして粗熱がとれるまで待つ。
(小鍋のお湯に氷を入れてもよい)
5)粗熱がとれはじめると、まわりからうっすら白濁して固まり始めるので、エッセンシャルオイル、非加熱ハチミツを入れてよく混ぜる。
6)温度が低くなると、柔らかく固まってバーム(軟膏)になります。

完成!!

mitsurowcream.jpg

殺菌力が高く、同時に肌に保湿を与え皮膚を柔らかくする万能バームの完成です。傷、火傷、吹き出物、ニキビ、湿疹、かぶれにお使いいただけます。

ガラス瓶は、遮光性のものを使ってくださいね。
あと、スパチュラがあると取り出しやすいですよ。
マロンは、タウトロッフェンのものを愛用しております。

ぜひ、お試しください。

6)GOGO!ラスベガス@67名の修学旅行?!

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

ラスベガス最終日は日曜日です。

ロサンゼルスから来る人は、多くが金曜日にやってきてディナーをしてから朝までギャンブルをし、土曜日の昼前後に起きてバフェのブランチをし、シルクドソレイユのショーを見たりショッピングをして遊び、また豪華ディナーをして朝までギャンブルをし少し寝たら、渋滞を避けるために日曜の午前中にロスへ向かって走りはじめるようです。

saigo.jpg

ちなみに、クラスメートをマロンを乗せた車は、道中で冷却液がタンクから漏れはじめ、もくもくとエンジンから煙をあげて故障しました
小さなカーパーツショップに寄って冷却液を入れるも入れるも、いくらでも入っていって満タンになりません。

見てもらうと穴が開いていました。しかも日曜日で修理工場はどこもお休みです。

仕方なくAAAを呼んで近くの修理工場まで運んでもらうことに。

saigo2.jpg

車の持ち主である運転手は、ロスを出発する前に修理に出してOKだったのに・・・とガッカリ。その間マロンは片っ端からクラスメート達に電話をして、一番近くにいたクラスメートの車に分乗して帰宅することになりました。

saigo3.jpg

迎えに来てくれたクラスメート達が白馬の王子・王女様のように見えました

saigo4.jpg

渋滞が無いと、ラスベガスからロスまでは片道4時間ですが、この日は修理工場へ行ったりして8時間かかりました。

実はこの日はマロンの誕生日だったので故障した車の持ち主であるクラスメートは「だんな様が待っているのに・・・」と平謝りだったのですが、沢山のクラスメートが心配して駆けつけてくれたり、その後の帰路で虹を見たりと、間違いなく人生で最も印象深い誕生日の一つとなりました。

It's honor to share your pain as friend...と笑って過した一日でした。

アメリカは広いので、長距離を移動する前には必ず車のチェックが必要ですね。

ラスベガス旅行終わり。

チリ震災・被災者の方へUSC学生より寄付をしました。

先日、マロンが聴講生として通学するUSC IBEAR MBAプログラムの学生より、Marshall's got Talent showで優勝し頂いた賞金を、チリ震災・被災者の方々へ寄付させていただきましたことをご報告いたします。



ステージ・パフォーマンスの準備のため、忙しい学生生活の中、貴重な時間を割いて頑張ってくださったクラスメートの方々を誇りに思います。

大勢のクラスメート達が応援にかけつけ、一つの目的のため集まり努力したことは、一生の思い出に残る出来事となりました。

残りわずか3ヶ月となったUSCビジネススクールでの学生生活、勉強に就職活動に、仕事にと、引き続き全力投球で頑張りましょう!
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。