5)もうすぐ発売♪セージ生はちみつ♪♪非加熱・完熟・野生の花から

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

オーナーさんが、巣棚にいるミツバチたちの中から、どれがオス蜂で女王蜂かを指し示して教えてくれました。すご〜い・・・素手です!蜜蜂達は誰がご主人様かしっかり心得ているんですね。

honeys3.jpg

セイヨウミツバチの場合、一つのコロニー(群)の中に、WORKER(働き蜂・メス)は30000〜60000匹。DRONE(雄蜂)は100〜2500匹。QUEEN(女王蜂)は1匹いるとされています。

お花の蜜や花粉を集めて、蜂蜜や花粉団子を作るのは働き蜂の役目です。

美味しい完熟はちみつの作られ方は・・・

1)蜜蜂は花から吸い取った蜜を胃袋に貯めて巣に持ち帰ります。
足には花粉を貯めるクボミがあり、花粉も持ち帰ります。

2)巣では、口移しで若い働き蜂の胃袋に蜜が移されます。

3)貯蔵してある花粉と、ローヤルゼリーを1%ほど混ぜ巣の穴に蜜を貯蔵します。

4)そのままだと水分が70%ほどあり、貯蔵に適さないため働き蜂が翅(はね)を振って風を起こし、月日をかけて水分を蒸発させます。

5)水分が20%ほどになり高純度の蜂蜜になったら蜜蝋で巣房に蓋をします。

honeysage2010b.jpg

上のお写真が完熟状態のはちみつです。ミツロウで蓋がされていなくとも、完熟になると巣棚を逆さにしても蜂蜜がたれてきません。
4)と5)のプロセスが足りない蜂蜜は、加熱処理されて出荷されます。こういったハチミツは舐めた時に喉にカッとくる感じがあるので、すぐわかってしまいます。

honeys2.jpg

さて、それから蜜蜂たちから完熟の巣棚をお預かりし、表面のミツロウ部分を削り落とします。削り落としたミツロウはリップクリーム、バーム、石鹸、キャンドルなどに使用します。

honeysage2010c.jpg

そして、このような円形の遠心分離機にかけて、回転させることで巣の穴一つ一つからハチミツを取り出します。

honeys1.jpg

遠心分離機にかけている様子。
ライス君は目が離せないようです・・・!!

続く

4)もうすぐ発売♪セージ生はちみつ♪♪非加熱・完熟・野生の花から

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

まず天然麻に火をつけて煙で巣の周りを囲みます。これは、蜂が巣箱をあけられたときに、外敵と勘違いして、人を攻撃するホルモンを出してもわからないようにするためだそうです。

sageh1.jpg

オーナーさんが素手で巣棚を巣箱から取り出します。

sageh2.jpg

一枚一枚の巣棚にミツバチがギッシリ!!
蜜蜂たちの体温で、巣は38度くらいの環境に保たれているそうです。みつばちがいるあたりに手をやると、ほんのり温かい。

honeysage2010.jpg

あまりのギッシリさ加減にライス君もビックリ!

sageh4.jpg

マロンも巣棚を持たせてもらいました。けっこう重い。でも見慣れてくると全然怖くなかったです。ミツバチも相手がわかる?

sageh5.jpg

ライス君にいたっては、かなりの余裕です。
ぎっしり感を表現するために横に持ってくれました。棚の両側に巣を作ってどちらにも みつばちが沢山います。

続く

3)もうすぐ発売♪セージ生はちみつ♪♪非加熱・完熟・野生の花から

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

ブラック・セージとマスタードのお花畑をお散歩した後は、いよいよセージ蜂蜜の収穫です。

subako1.jpg

巣箱を開けるんですよ。

どきどきするなあ。

subako2.jpg

ライス君もマロンちゃんも、皆で養蜂家さんに蜂よけの特別な服を着せてもらいました。でもオーナーさんはいつも着ないそうです。理由は「蜂は俺のことをわかっているから危なくない」そうです。

subako3.jpg

皆で賑やかに記念撮影です♪

pic126222.jpg

続く

2)もうすぐ発売♪セージ生はちみつ♪♪非加熱・完熟・野生の花から

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

ブラック・セージのお花畑への道・・・。

blacksage.jpg

あまりにも気持ちが良いので、ライス君ものびのびとしています。
さて、ここでブラック・セージのメディシナル・ハーブとしての効能をご説明します。

blacksage2.jpg

ブラック・セージの学名は、サルビア・メリフェラ。
Salvia mellifera (Black sage)


カリフォルニアやサウスダコタでよく見るネイティブ(野生・土着の)植物です。マグワートと呼ばれることもあります。
はるか昔からこの地域に住むアメリカ州の先住民(ネイティブ・アメリカン、Native Americans)のシャーマン達は、ヒーリング・予知・未来のヴィジョン・自己変革・瞑想に使用していたそうです。就寝前に焚けば、予知夢を見ることができると伝えられているそうです。

blacksage3.jpg

ブラック・セージは2メートルくらいの高さがあります。
葉に含まれる芳香はとても強く、エッセンシャル・オイル(精油)にも使われます。代替医療では、葉や茎の部分を浸出したり、患部にこすりつけたりして痛み緩和に使われます。またこの植物は全体にジテルペノイド(植物性テルペノイド)を含んでおり、抗菌性や抗腫瘍性で知られています。

blacksage5.jpg

お花はこぶりですが蜜をたっぷり含んでいます。学名のmelliferaは、honey-producing(蜜を生む)という意味でもあります。ミツバチが好んで蜜を吸い、蜜蜂の媒体により受粉します。

blacksage4.jpg

ブラック・セージが満開になると、続いてマスタードの花も満開になります。生はちみつ専門店ラビティア・非加熱(RAW)・オーガニック認証蜂蜜で扱うブラック・セージの生はちみつは、カリフォルニア州・国立自然公園内の野生ブラック・セージ花畑で採れた新鮮・フレッシュな完熟ハチミツです。

上のお写真が蜜蜂の巣箱を設置してある場所です。

セージのはちみつは、色が淡く、春に収穫される蜂蜜らしい爽やかな味わいです。林檎、ベリー、バニラの香があり、パン・チーズ・紅茶・ハーブティー・ヨーグルトと様々にお使いいただけます。

ブラック・セージは、化粧品の配合成分で知られるようになったウルソル酸を含んでいるので、保湿効果に優れていると言われています。このセージ生はちみつで美肌パックも効果的かと思われます。

蜂蜜美肌パックについては、こちらの記事もご覧ください

続く

もうすぐ発売♪セージ生はちみつ♪♪非加熱・完熟・野生の花から

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

先日、ロサンゼルス郊外にある国立自然公園の中にある養蜂家さんのお宅にお邪魔してまいりました♪

bill2010.jpg

周辺に民家はまばらで、可愛い羊の牧場やがぽつんとあったりします。あたりは一面の黄色いお花畑・・・!菜の花かなと思っていたら、マスタードの花なんだそうです。

bill20102.jpg

このあたりは真夏になると、乾燥と強い日差しで山火事が起こることもあります。山火事が起こると、あたり一面は焼け野原・・・でも冬を越すと再び一面の花畑に♪

bill20103.jpg

自然の力ってスゴイ!

bill20104.jpg

皆で一緒に、巣箱が設置してあるブラック・セージの花畑の方面まで散歩しました。

続く。

続15)近所をお散歩:新しいBun(丸いパン)のお店

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

もうすぐ東海岸へお引越しするライス君とマロンです。

楽しかったパサデナ生活もあと少し・・・8月からはNYマンハッタンに近い場所に住みます。

マロンはまだ授業があるので、今日はファイナンスの授業の予習をしに、新しくGreen通りに出来たお店へいってみました。

bun.jpg

PappaRichというバン(丸いパン)のお店です。
平日は朝6時から営業しているようです。

bun2.jpg

ちょうど、バンを一つ購入したら、珈琲16oz(448g)が無料!というクーポンを持っていたのでお家からテクテク歩いていきました。

Green通りという落ち着いた素敵なストリート沿いにあります。
ここは前、今ひとつパッとしない珈琲ショップがあった場所ですね(笑)。人通りは多いので、マロンがのんびりお茶している間も沢山の人が物珍しさに入ってきていました。

bun3.jpg

ほかほか・あったかいバンを割ってみました。中味は塩キャラメルのようなクリームとバターが入っています。なかなか美味しい!消費税込みで3ドルちょっとするのですが、けっこうマロンは「あまじょっぱい」感じが気に入りました。ほかほかなのも良かったです。

bun4.jpg

お店には他にも、スコーンにクリームをサンドしたようなおやつも置いてありました。
珈琲はレギュラーとボールドを半々にミックスしてもらったのですが、それでも結構濃い目でした。美味しかったけど、さすがに16oz(448g)は飲めません。残りをエコカップで持ち帰りました。

残り少なくなったパサデナ生活を満喫中です♪

美味!中華麺を食す。Bamboodles Los Angeles 蓮香竹昇麺

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

最近、ライス君とマロンちゃんがハマっている食べ物があります。パサデナすぐ近くにある、サン・ガブリエルという中国人街の一角にある「Bamboodles(竹昇麺)」です。

bamboo.jpg

お昼時に行くと、店頭で実際に竹の道具を使って手打ち麺を作っているところを見ることが出来ます。

日本人がイメージする中華麺とはまたちょっと違う趣ですが、マロンの台湾人や、香港系アメリカ人のクラスメート達が贔屓にしているお店です♪♪

bamboo2.jpg

台湾人のクラスメート達の中には「ここの中華麺がロスに来てから食べた中では一番美味しいよ!」と言う人も。

bamboo3.jpg

ライス君とマロンのイチオシは、なんといっても、紅烧茶肉麵(Green Tea Sliced Pork Noodles)です!日本のラーメンみたいに濃くないけど、あっさりした塩味のスープに、トロっとしたチャーシューと青野菜が添えられていて、ツルツルっといけてしまう一品です。今回はフレッシュなほうれん草をつきこんだ緑の麺にしました。

bamboo4.jpg

ライス君は、今回は焼き蕎麦を注文しました。関西出身のライス君にはちょっと濃い味でしたが、炒めた玉ねぎの香ばしい香のきいた麺でこれも美味しかったです。

bamboo5.jpg

それから、外側はパリっ、中はジューシーな焼き餃子も頂きました。
店長はチャックさん。マロンの通う大学の先輩のお友達です。優しくて誠実な雰囲気が漂う方です♪♪
とても人気のお店で、最近駐車場が混雑するので、お店を移転しようと計画中だそうです。

詳しくはこちらのホームページもご覧ください

英語の苦しみから解放された?マロン

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

アメリカに来て1年が経とうとしています。
昨年7月にやってきて、1ヶ月ノンビリした後、8月からUSC IBEAR MBAでの聴講生としての学生生活が始まりました。

このプログラムはとてもユニークで、一般的な米国式ビジネス・スクールと異なり、1年制5学期で構成されていて、約60名のクラスメート達がほぼ毎日同じ教室・同じメンバーで一緒に授業を受けるのです。

いや〜

いや〜

つらかったです(聴講生なのに)。

今日は主に英語取得について書きます。

1)入学当時:留学生の多くが言ってることがめちゃくちゃ。発音も文法もあったものではない。この時期ネイティブの学生はネイティブだけで集まっていたので、相当彼らにもストレスが溜まっていたと想像される。下手な英語に対して、露骨に嫌な顔をする学生がいたのはこの時期。

2)1学期経過:留学生の英語はまだまだダメ。でも次第にネイティブの学生の間で「英語は下手だが、こいつはバカではない」との認識が広まってくる。競争意識一辺倒から、お互いに尊敬の念や仲間意識が芽生えてくる。

3)2学期経過:次第に留学生の発音・伝え方が改善されてくるが、一方で留学生の英語がネイティブ学生に感染し、ネイティブ達の英語が崩れてくる。帰宅して「英語が下手になった!何が起こったのか?」と家族に言われる学生も。お互いに意思の疎通がスムーズになり始め、次に文化摩擦が発生しはじめる。

4)3学期経過:言葉が通じないのは、英語の問題ではなく文化背景の違いだということに気がつきはじめる。母国語を英語にするのではなく、相手に伝えるための英語を意識しはじめた時期。お互いに理解を深めることが出来、いちばんクラスがまとまっていた頃。自分の本国に1週間一時帰国し、また英語力が元へ逆戻りした学生も。

5)4学期経過:就職活動が本格化する時期。厳しい経済状況の中、学校側が提供するプログラム内容に、いっそう厳しい要求が学生から出てくる。聞けば例年、どこのビジネス・スクールでもあることらしい。不満があるならば、自分達で行動を起こして解消しようとする。
授業でもネゴシエーションやディベートをせざるを得ない状況が多々あり、この頃にはかなり英語が上達したと感じる学生も。

6)5学期:ついに1年の締めくくり。1年間ずっと一緒に過して感慨一入。欧米人達はチームワークを学び、アジア人達は自分の意見を論理的にハッキリ話すことを学んだ1年。一言に英語といってもヨーロッパ、イギリス文化圏、アジア、アメリカ、カナダと発音・話法は異なってくる。それぞれに学生達の耳が慣れてきて、ひととおりの意思疎通やレポートには困らなくなった。でもやっぱり1年はかかると実感。


・結論
日本に住んでいての英語取得は、戸田奈津子さんでもない限りかなり無理だとわかりました。理由は、日本で触れる英語と実際にネイティブたちが話ししている英語が、けっこう違うからです。

想定外のことを質問されたときにどう答えるかで、最も語学力は伸びるような気がした。特に日本人は自分で考えている以上に、ロジカルに話す訓練が必要。

日本人の英語の発音が下手な原因は、外国語をカタカナ英語におきかえてしまうこと。英語を英語の発音で覚えたほうがいい。

聞き取りできない音は発音できない、というのはどうやら正しいらしい。なぜなら発音が下手な学生ほど、聞き取りが出来ていないから。

大量にハーバードのケースを読んだ経験も、無駄では無かったらしい。英語でニュースや本を読むのが苦にならなくなった。

また、こちらの本も参考になりました。

honosusume.JPG

外国語を身につけるための日本語レッスン

今、日本に住んでいる人が、どうやったら英語力を伸ばせるかという内容の記事ではないのですが、何か少しでもご参考になれば幸いです。

美味!ちらし鮨を食す@ハリウッド Murakami Sushi, Hollywood.

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

マロンちゃん、今日は素敵なところへお邪魔いたしました。

murakami.jpg

昨年10月にオープンしたばかりなのに、すでに大人気!の Murakami Sushi です♪

Add: 1714 N Wilcox Ave., Los Angeles, CA 90028
Neighborhood: Hollywood
Tel: (323) 467-8181

murakami4.jpg

こちら、アメリカ人が鮨といえばまず思いつくRoll(ロール)の他にも・・・

murakami2.jpg

ネタが新鮮でありながら同時につけ汁の味がよく絡んだ漬け丼や、チラシ寿司があります。

とにかく美味しい!
お魚が新鮮で、白身などは舌の上でとろけるようです♪♪

murakami3.jpg

こちらのお店は、ちらし鮨をロスで広めよう!とオープンされたのだとか。
シェフ村上さんや、スタッフの皆さんとっても笑顔が素敵。
明るい店内でカラフルなお寿司を眺めていると幸せな気分・・・。

今日初めてお連れしたお友達も、テイクアウトを自宅で食べたライス君も「美味しい!」と大絶賛。

日本人ですから、やっぱりお米にはこだわりますよね。こちらのお鮨はお米の仕上がり具合がとても良い。
南カリフォルニアの気候にあったお味・食感を出されているな〜と感じます。

アメリカで下手な寿司屋さんに入ると、ご飯がべっとりしていて美味しくないんですよね・・・。

口コミ・レストラン・ガイドのYelpでも絶賛!のお店。テイクアウトも可能です。お酒は置いてありません。
ぜひ行ってみて下さいね♪

固くなった瓶の蓋の開け方。

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

ジャムや蜂蜜などの瓶の蓋が固くなることがあります。
どうやったら上手に開けることが出来るでしょうか?

wagomu.jpg

まず小鍋にお湯をわかして、沸騰したら火を止め、瓶の蓋部分だけをお湯にしばらくつけます

この時、中身が漏れているように見えても、蓋と瓶の口との間の部分にくっついたものが落ちているだけですのでご安心ください。

wagomu2.jpg

蓋に触れてみて、ほんのり温かさを感じる程度になれば、お湯から取り出して拭きます。
そして出来るだけ幅の広い輪ゴムを用意してください。広いものが無ければ細いものを数本用意しても構いません。

wagomu3.jpg

輪ゴムをこのように蓋にかけて、輪ゴムごと蓋をひねります

あら不思議!

ポンッと簡単に開いてしまいます。
ぜひお試しください。
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。