眉毛タトゥー:タイ・オーガニック旅行20070505:1

さて、いよいよ本題?です。マロンちゃん今日はついに「アイブロウ・タトゥー」眉毛刺青をしにきました。思い出せば10年前、22歳だったマロンちゃんにホストマザーが一言「タイに来た外国人は皆アイブロウ・タトゥーをして帰るのになぜマロンはしない?」。

・・・。

当時、22歳だったマロンちゃんにとっては衝撃の一言。でも、10年経ってふとホストマザーの眉毛を見ると・・・美しい、楽そう・・・。30歳を越え何かを捨てた?マロンちゃん、お願いしてホストマザーお勧めの「カリスマ眉毛刺青師」のサロンを予約してもらいました。

kinen4.jpg
お店です。バンコクのマリオットホテル横・ショッピングモールの2階にあります。「Thai Josephine」電話番号は089-014-5050です。メールによる問い合わせはこちら eiangeyebrows@yahoo.com 英語OKです。

kinen5.jpg
目の下の隈がすごいですね。術前のスッピン眉毛です。

kinen6.jpg
まずは、アイブロウペンシルで完成イメージを描いていただきます。
お店のオーナー、そして刺青師の中村玉緒さんにそっくりなEiangさんです。店内に昔モデルをされていた当時のお写真が飾ってあるのですが、中村玉緒さんに本当にそっくりなんです!

日本に、私より美しくアイブロウ・タトゥが入れられる人がいるかしら?」とまで言われてしまいました。

そこまで言われたら、入れなきゃいけませんね。

kinen7.jpg
完成モデルを確認した後は、麻酔クリームを塗ってしばらく待ちます。

kinen8.jpg
それから、一人ひとりに調合された色で彫っていきます。
痛さですが眉毛を毛抜きで抜く程度のものです。耐えられます。

kinen9.jpg
完成。最初は赤くなりますし、かなり濃いですが3、4日で自然になります。お店の方からお手入れ用のクリームをもらいます。最初の1週間は石鹸洗い禁止です。しばらくすると、かゆくなって古い皮膚が落ちます。

【感想】いくら時間があっても足りない朝のお出かけタイムに、大幅にあなたのメイク時間を削ってくれます。マロンちゃんはミネラルファンデをぱぱっとお肌にはたいて、アイシャドウをして終わりです!また入浴後、水泳後、いつでも完璧な眉毛でいられますが、現在の医療では「刺青を入れた人は、染料に反応して火傷する危険があるのでMRIに入ることを断られる」病院があるそうです。
・・・刺青してから知りました・・・。とはいえ、もうやってしまったし、外国人価格5千バーツで半永久なので、開きなおることとします。針は清潔なもの(新品)と交換になります。バンコクでも評判のようで、ぞくぞくと身なりのよいマダムが入ってきます。あまり安いところへ行くと針で感染症の恐れもありますから、ぜひこちらの危険性をご理解の上でご利用ください。
この記事へのコメント
はじめまして、ブログ拝見して
そのマリオットホテル横のショッピングモールとは?
エカマイ駅のゲートウェイエカマイのことでしょうか?
今週タイに行くので よろしければお知らせ下さい。
Posted by しもしもシモーヌ at 2016年01月23日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105965798

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。