ナチュラル・ハーモニーさん初京都セミナー

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座をブログで無料開講しております♪


☆ 耳寄りなニュースをキャッチしました!

日本のオーガニック業界で、今一番進んでいるのがナチュラル・ハーモニーさんです。

今年の3月に、代表の河名さんが「自然の野菜は腐らない」という本を出版され、またこの本がめちゃくちゃ売れているので、書店で見かけられた方も多いのではないかと思います。

その河名代表がお話される、関西地域初のセミナーが6月に京都で開催されます。

なぜ、ナチュラル・ハーモニーさんが進んでいるかというと・・・

オーガニック = 自然農 という”本来の考え”を日本市場に啓蒙された方だからです。

つまり・・・日本の有機JAS法では、実際31種類の農薬が使えてしまうのです(ここは詳しく調べてレポートします)。有機JASマーク=オーガニックでは残念ながら無く、欧米の基準であるOrganicとは、日本語では「自然農:農薬も肥料も使わず、土の力だけで栽培された食べ物」になるのです。

自然農:土の力だけで栽培する
有機農法:有機肥料や特定の農薬が使える
従来農法:いわゆる農薬や肥料、除草剤を使う
というわけです。


今まで常識と考えていたことが、目からウロコになる講座!
発酵食品と蜂蜜については第3回でお話があります。もちろんマロンも行かせて頂きます♪

---------------
ナチュラル☆ライフ実践!医者にもクスリにも頼らない生き方
五感は誤らない。誤るのは判断である。byゲーテ」

自分の身体を寸分の狂いのない「大自然」と捉え、
五感を磨き、自然治癒力を高める暮らし方を目指す。

4回連続セミナー
第1回  6月2日(火)
第2回  6月9日(火)
第3回  6月16日(火)
第4回  6月23日(火)
会場はJR京都駅から徒歩1分!

お申し込み・詳細はこちら

ご注意:ナチュラル・ハーモニーさんの姿勢として以下をお伝えさせて頂きます。

ナチュラル・ハーモニーさんは農業に携わるすべての農家・食に携わる製造者を否定されるのではありません。

戦後、食物のない時代に、日本人の食を救ってくれたのは化学肥料と化学農薬であったとし、そのことに心から感謝されています。

しかしながら、その過程でさまざまな問題が生じてきました。そこで、ナチュラル・ハーモニーさんは、これまでの歴史に感謝しつつも、現状の課題をしっかりと認識し次のステップを踏んでいく活動をされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119928029

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。