ナチュラル・ハーモニーさんのセミナーへ行ってきました。

認定はちみつマイスター・マロンです。

今日は、ずーっと楽しみにしていた、ナチュラル・ハーモニーさんの初京都セミナー「発酵食品編」に参加してまいりました。

自然派食品を愛好する貴方様が、もしナチュラル・ハーモニーさんを知らないという言うならばモグリです・・・!

今、日本でもっとも進んでいるオーガニック食の小売業者さんですから!

seminarkaijyo.jpg

代表の河名さんには初めてお会いしたのですが、とっても元気!明るくてステキな方ですね。

セミナーでは沢山の新しい知識を教えて頂きました。

> 発酵という過程を経た生成物には、酵素・アミノ酸・ビタミン類・糖質・ホルモン・様々な有機酸があり、これらが生理活性物質として体を元気にしてくれる。

> 発酵食品には、しかるべき素材と熟成時間が必要。

> 発酵食品の主役は麹菌・酵母菌・納豆菌・酢酸菌・乳酸菌などがありまだ全体の1割ほどしか解明されていない。

> 現代の市場で販売されている多くの発酵食品(醤油・味噌・納豆・酢・酒・ワイン・ビールなど)は、人工的に培養された菌を使っている。菌の遺伝子操作には放射線や薬剤処理を用いる。

> 生で加熱処理されていない醤油は、加熱されたものと比較し活性酸素消去能力が高い。

> 1989年トリプトファン中毒事件

> 普段から化学物質や薬剤の薬害に気をつけている人は、いざというときに軽症で済む(パンデミック等)。

> 植物は多かれ少なかれ薬効を持っているので、いずれにせよ食べすぎはダメ。OKなのは主食である米(欧米では小麦)。

> 抗生物質づけのミツバチから作られた蜂蜜は発酵しない。

などなど・・・。目からウロコの情報が満載で勉強になりました・・・。
特に、
母里 啓子先生の「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」著書は必ず読もう!と思いました・・・。

41A0Zf3CFkL._SL500_AA240_.jpg

それからセミナーの休憩時間に、代表河名さんへ野の蜂蜜をご紹介したら、これが本当のハチミツ(天然の抗生物質)だということで、会場の皆様へ試食をご案内頂きました。(おそらく、世界中探しても野の蜂蜜と同等品質 = 野生のミツバチの巣で1年熟成させた完熟で、収穫時に蜂を殺さず・巣を取り去らず、完全な非加熱。つまり原始時代のハチミツにほぼ近いものは、なっかなか無いと思うのです。)

セミナー終了後にマロンも受講生の皆様に色々ご質問を頂き、お話もはずんで楽しく過ごさせていただいた一日でした。

ナチュラル・ハーモニック・スクールの皆様、お疲れ様でした!
ありがとうございました。

なお、ナチュラル・ハーモニーさんの活動を知るには、三好基晴先生の著書も併せてお読みいただくことをお勧めいたします。

「健康食」はウソだらけ

myosshisensei.jpg

帰りは伊勢丹京都で美々卯のおうどん頂いて帰りましたよ。

seminarkaijo2.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。