「悪女の仕事術」を読みました。藤田尚弓さん著

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

やっと!待望の悪女学研究所・所長・ナオミ様の初著作「悪女の仕事術」を入手いたしました!

image01.JPG

悪女・・・と聞くと何やら性的に魅力的な女性をイメージしてしまうマロンなのですが、こちらのご本は違います。「自分軸をしっかりと持ち、まわりへの気配りを忘れず、一つ一つの言動と時間を大切にしながら、自分の人生を切り開いていく現代の働く女性像」なのです。

悪女の仕事術」アマゾンの書評からご紹介文をお借りしますと・・・。

------- 引用ここから

この日本では、女性は生まれてから学校を卒業するまで、まわりから基本的に甘やかされて育ちます。家庭や学校はある意味、世間の冷たい風から自分を守ってくれるシェルターです。そこでスクスク(ヌクヌク?)育つことで、夢見る“甘ちゃん”=『キャンディガール』になる確率が高いのです。

しかし、社会 = 外の世界は家庭や学校とはルールの違う“ジャングル”です。理不尽なことや常識の通用しない人間はいくらでもいます。「こんなはずじゃなかったのに」と悔し涙を流し、「あの人が悪いんだ、この会社が悪いんだ」と犯人探しを始め、「私にはやっぱり無理」と諦めたりします。


いま求められている「悪女戦略」


これからの時代、女性が仕事やプライベートで幸せな人生を手に入れ、キープし続けるためには少なからず、悪女的考え方と実践力が必要だと思います。やみくもに努力したり、ありのままの自分のキャラで勝負していたのでは思うような結果が出にくいもの。そのことにもう、あなたも気づいているのではありませんか。

すべからくデキル女性は、よく考えてから行動します。ワタシの周りでも、年齢や地位に関係なく「この人はできる」と言われる女性に共通するのは、自分の強みを活かした作戦、人に動いてもらうための効果的な言葉選び、時々チラリと見せるバラの棘のような強さ、相手を立てる女性らしさなどです。そういう女性ほど実によく考え、クールかつチャーミングに行動しているのです。

ワタシは女性にこそ「考えて行動する」というひと手間を惜しまないでほしいと願っています。
考えずに行動してしまうがゆえに自分の実力を出し切れない女性があまりにも多すぎます。作戦なしに行動した結果をもって、自分のポテンシャルはこのくらいだと決めている女性も多すぎるように思います。

よく考え、賢く人生をコントロールするための悪女的エッセンスが、あなたの人生に少しでもお役に立てば幸いです。


------- 引用ここまで


読後、マロンは「日本女性も強くなったなあ・・・」と思いました。うーん、大企業で依存心たっぷりに働いていた20代の頃にこういう本やご示唆を預かっていたら、その頃に出せたパフォーマンスも随分と違っていただろうなあと思います。

今、マロンは基本は自分一人で・・・(同時に沢山のお友達のお力をお借りして)お仕事をしていますが、次のステップへ進む段階に来ています。このご本に書かれている内容を実践して、こちらアメリカで「日本女性もやるなあ」と言ってもらえるようなワーキング・ウーマンを目指しますワ!

ナオミさん、お疲れ様でした〜!!&ありがとうございました。
この記事へのコメント
私も、同感でした。

入社当時に、社会人なりたて2−3年目の頃に
読めていたらよかったなぁ・・・って思ったものです。

けれども、今読むことができたので^^
感謝です。

マロン様にもいつも「こういう視点を!」と
ここぞというときに示唆していただけて

感謝しております。
Posted by ノリ at 2010年02月21日 14:18
ノリちゃん、こちらこそいつもありがとう!同じ女性の視点って本当に参考になりますよね。

わたくし、ぜんぜんノリちゃんのお役に立てておりませんが、これからもSNSやメール、そして京都飲み会でよろしくねっ!
Posted by マロン at 2010年02月22日 04:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。