美味しいオーガニック・ペルー料理

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

先日、USC職員のEさんにと〜っても美味しいオーガニック・ペルージャン・レストランへ連れて頂きました!!!

こちらでは食べる事が大好きな人のことをFoodie(フーディー)と呼ぶらしく、マロンの留学手続きをしてくださったEさんによりフーディー仲間と認定いただけた様子。

peru1.jpg

場所は、USCのロースクール&ビジネススクールに一番近いDMV(運転免許証の発行所)の向かいにあるmercaco la palomaというフードコートの中にあります。google mapでMO-CHICA, los angelesと検索するとすぐヒットします。

peru2.jpg

わずか5ヶ月ほど前にOPENしたこのレストラン、Los Angeles TimesやLA WEEKLYなど数々のメディアに取り上げられ連日大賑わい!

peru3.jpg

Eさんとマロンが頂いたのは、まずペルー料理といえばこれ!セビーチェ(シーフードと野菜のライムORレモンジュースの酸っぱいサラダ)です。

peru5.jpg

ペルーでは二日酔いの時に食べると良いとされるセビーチェ。これが上手に作れると、いいところにお嫁にいけるそうな・・・。

peru4.jpg

それから、フレンチや和食の料理技術の基礎を学ばれたシェフが考案されたオリジナルのクラブ(蟹)ケーキ。美しい&ジューシーな蟹の風味が美味しい。

peru6.jpg

最後に、大人の男性の握りこぶしより巨大なラム(羊)の煮込み料理。

お肉も、お野菜も、材料はこだわりのオーガニック!お腹一杯になって普通の日本人なら一人10ドル〜20ドルでOKです。

USCの駐車場に近く、同じフードコート内にタイ料理もあるので、必ず再訪します!

続)美味しい江戸あられ☆精華堂霰総本舗

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

続きです。

先ほどの薄いおせんべいの素を、炭火の上に並べていきます。

arareyasan3.jpg

うっすら綺麗な黄金色になっていきます♪ぷっくり膨らんで見覚えのあるおせんべいの形に仕上がっていきます。

arareyasan4.jpg

焼き上がりです。ほどよい厚みと焼き色。先ほど見た紙みたいなおせんべいの素から、じっくり炭火で焼いておせんべいが完成!

arareyasan5.jpg

さて、こちらのおせんべい・おかき・あられは、全国米食味分析鑑定コンクールで3年連続で金賞を受賞した「石井農園グループ」の、みやぎ黄金餅100%。そのお米の美味しい味を炭火で引き立てたあと、最後の仕上げは・・・これまたこだわりの有機丸大豆醤油です。
神泉村で農薬を使わずに育てられた国産小麦と国産丸大豆から作られたアルコール等の添加物が入っていない本物のお醤油です。

arareyasan6.jpg

ほんわかあったかい出来立てが次々並べられていきます・・・!

続く。

タイ・オーガニック旅行08年3月「野の蜂蜜」収穫地レポートを掲載しました。

お待たせしました!

完熟・非加熱・酵素が生きています。野性のミツバチの巣から、貴重なオーガニック認証ハチミツ。収穫時に蜂を殺さず・環境破壊しません!タイの美しい自然保護区から、山岳民族が森を守り、手づみする生蜂蜜。ハニー。

2008年3月にタイへ訪問し、ミャンマーとの国境沿い自然保護地区にある「野の蜂蜜」収穫地へ参りました。そのときのレポートをお写真たっぷりで「野の蜂蜜」公式ホームページへ掲載をいたしました。

http://www.arcamall.com/organichoney/7180344968/

ぜひ、一度ごらんくださいませ!よろしくお願いいたします。
ブリス・プランニング 藤田

tour4.jpg

tour9.jpg

tour10.jpg

tour13.jpg

tour16.jpg

タイ・オーガニック旅行20070506:3

owari.jpg

あ〜楽しかった!2007年4月のタイ・オーガニック旅行はこれで最終日です。最終日には「GMSフリー(グルタミンソーダフリー、つまり味の○などアミノ酸調味料が不使用)」の手作りカオパッを頂きました。次はいつタイに来れるかな?

owari2.jpg

TG機内にて。いつも思うんですけれど、機内で貰える蘭のお花って贅沢ですよね・・・とっても素敵な演出と思います。そしていつも深夜フライトの機内で冷えて風邪を引くマロンちゃんでした。。。

2007年のタイ・オーガニック旅行記は終わり☆

タイ・オーガニック旅行20070506:2

kiki1.jpg

さて、お次は羊農家に来ました。ここでカセサート大学にマスターコースで留学に来ているブータンとエチオピアの学生さんと合流しました。といっても推定年齢40歳くらいのオジサンたちです。

ブータンの生徒さんいわく「日本は僕たちの国に無料で橋をかけてくれた!日本はナンバーワンのお友達国さ!ありがとう!」エチオピアの生徒さんいわく「うちの国にも無料で支援をしてくれる。本当にすばらしいよ!」ですって。嬉しいお言葉ですね。

kiki2.jpg

この羊農家さんのヤギミルクです。ヤギミルクは牛ミルクより低脂肪ということで人気があるそうです。

kiki3.jpg

羊たちは性別・年齢順に分けて飼育されています。高校生の皆さん、赤ちゃんのケージの前で大興奮!口々に「ベイビー!」「可愛い!」と大賑わい。男の子でも、赤ちゃん動物って好きなんですねえ。

kiki4.jpg

えさの牧草をやっているところのデモンストレーション。「うちでは自然牧草しかやらないよ。変な肥料とか与えたらミルクの味が悪くなる」だそうです。ナチュラル・・・いいなあ!

kiki5.jpg

さて、最後に全員で記念撮影!あいにくの曇り空でしたが貴重な体験ができた一日でした、RR先生ありがとうございました!

タイ・オーガニック旅行20070506:1

さて、翌日はカセサート大学付属高校の生徒さん達と、牧場見学へ行きました。なにやら夏休みの宿題のために、牧場オーナーをインタビューし、ビデオにまとめるそうです。

kinen10.jpg

見渡す限りの鹿の群れ・・・関西人のマロンちゃんにとっては見慣れた風景です。
おぼっちゃんな雰囲気まんさいの付属高校生徒たち。マロンちゃんはじめ、保護者を見るや「サッ」とすばやく”ワイ”で挨拶してくれるところがお育ちの良さを感じさせます。

kinen11.jpg

牧場主や、先生を交えてのブリーフィング。この牧場の鹿たちは主に漢方薬に使われる角部分が出荷されるそうです。RR先生が牧場主を紹介していわく「私の同期よ。今は成功して大金持ち」ですって!年に一度しか収穫しないそうです。

kinen12.jpg

なんだかほほえましい撮影風景。写されているキャスター役の子はきっとお話上手なタイプなんでしょうね。

kinen13.jpg

つづく。

眉毛タトゥー:タイ・オーガニック旅行20070505:1

さて、いよいよ本題?です。マロンちゃん今日はついに「アイブロウ・タトゥー」眉毛刺青をしにきました。思い出せば10年前、22歳だったマロンちゃんにホストマザーが一言「タイに来た外国人は皆アイブロウ・タトゥーをして帰るのになぜマロンはしない?」。

・・・。

当時、22歳だったマロンちゃんにとっては衝撃の一言。でも、10年経ってふとホストマザーの眉毛を見ると・・・美しい、楽そう・・・。30歳を越え何かを捨てた?マロンちゃん、お願いしてホストマザーお勧めの「カリスマ眉毛刺青師」のサロンを予約してもらいました。

kinen4.jpg
お店です。バンコクのマリオットホテル横・ショッピングモールの2階にあります。「Thai Josephine」電話番号は089-014-5050です。メールによる問い合わせはこちら eiangeyebrows@yahoo.com 英語OKです。

kinen5.jpg
目の下の隈がすごいですね。術前のスッピン眉毛です。

kinen6.jpg
まずは、アイブロウペンシルで完成イメージを描いていただきます。
お店のオーナー、そして刺青師の中村玉緒さんにそっくりなEiangさんです。店内に昔モデルをされていた当時のお写真が飾ってあるのですが、中村玉緒さんに本当にそっくりなんです!

日本に、私より美しくアイブロウ・タトゥが入れられる人がいるかしら?」とまで言われてしまいました。

そこまで言われたら、入れなきゃいけませんね。

kinen7.jpg
完成モデルを確認した後は、麻酔クリームを塗ってしばらく待ちます。

kinen8.jpg
それから、一人ひとりに調合された色で彫っていきます。
痛さですが眉毛を毛抜きで抜く程度のものです。耐えられます。

kinen9.jpg
完成。最初は赤くなりますし、かなり濃いですが3、4日で自然になります。お店の方からお手入れ用のクリームをもらいます。最初の1週間は石鹸洗い禁止です。しばらくすると、かゆくなって古い皮膚が落ちます。

【感想】いくら時間があっても足りない朝のお出かけタイムに、大幅にあなたのメイク時間を削ってくれます。マロンちゃんはミネラルファンデをぱぱっとお肌にはたいて、アイシャドウをして終わりです!また入浴後、水泳後、いつでも完璧な眉毛でいられますが、現在の医療では「刺青を入れた人は、染料に反応して火傷する危険があるのでMRIに入ることを断られる」病院があるそうです。
・・・刺青してから知りました・・・。とはいえ、もうやってしまったし、外国人価格5千バーツで半永久なので、開きなおることとします。針は清潔なもの(新品)と交換になります。バンコクでも評判のようで、ぞくぞくと身なりのよいマダムが入ってきます。あまり安いところへ行くと針で感染症の恐れもありますから、ぜひこちらの危険性をご理解の上でご利用ください。

タイ・オーガニック旅行20070504:5

さて、その夜はマロンちゃん、元職場の同僚のタイ人に連れられて船上レストランによるナイトクルーズに参りました。
一人、道を間違えて違う波止場へ行ってしまい、彼一人だけのためにチャーターされた船で後から追いかけてきたのが鮮烈な印象を残しています。
「マロンちゃんを、あなたのスペシャルゲストとして扱うように」と命令されたホスト役の彼・・・。気の毒な・・・。

kinen1.jpg

こちら、乗船したお船です。

kinen2.jpg

ワッ・アルンの夜景。

kinen3.jpg

王宮の夜景。
実は、渡タイ暦9回目ですが、夜の船上レストランに乗船したのは初めてでした。お食事は、まあまあです。特別なシチュエーションですし、一度は乗ってみることをお勧め!ちなみに帰り道、駐車場でいちゃつくファランの男性とタイ女性のカップルを見て「チッ」と同行者(もちろんタイ男性)が舌打ちしたのが忘れられません。。。

タイ・オーガニック旅行20070504:4

カセサート大学@カンペンセンキャンパスでのお料理レッスン 続きです。

次はパッタイです。マロンちゃんが死ぬほど好きなパッタイ!!!
材料は、ライスヌードル、豆腐の薄揚げ、にら、もやし、タマリンドジュース、干し海老、砂糖、生の海老、マナオ2個(絞りジュースと飾り用)、ピーナッツ、卵2個、ナンプラー、チリソース、豚スープです。

タマリンドジュースが、あの美味しいお味の秘訣だったとは!!
日本でケチャップみたいな味してるやつは、やっぱ偽モンだったのですね。
ti1.jpg

まずフライパンで生の海老を炒めます。海老以外にもイカ、牡蠣、鶏でも美味しいです。炒めた海老はお皿に取り出しておきます。
ti2.jpg

フライパンに残った油で、卵をいり卵にします。
ti3.jpg

いり卵は横に寄せておいて、油を足して豆腐の薄揚げと干し海老を炒めます。
ti4.jpg

また横に寄せておいて、タマリンドジュース小さじ2、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ1、チリソース小さじ1を入れます。味見して甘酸っぱく仕上げます。
ti5.jpg

ここで、センレック(米ヌードル)かウンセン(春雨)をドライのままいれて豚スープを入れてあえます。
ti6.jpg

麺が柔らかくなったら、全体を混ぜます。
ti7.jpg

にら、ピーナツ、もやしを入れます。入れたらもやしに火が通りすぎないように火をとめます。
ti8.jpg

先生の作品、完成。
ti9.jpg

次はマロンちゃんが料理するように言われました。
よいしょ。よく見たら我が家と同じティファールのフライパンです。
ti11.jpg

マロンちゃんの作品、完成です!
ti12.jpg

先生(というか突然指名された調理場のスタッフの方・カセサート大学にはお料理のワークショップもあるようです)が事前に色々ご用意くださったおかげでとてもスムーズに学ぶことが出来ました。ありがとうございました。

今日のお料理です♪
ti14.jpg

通訳でお手伝いしてくれたカセサート大学の事務スタッフのお二人。左がKOYさん、右がNANさんです。
ti15.jpg

この後、みんなで一緒にお食事を頂きました。
ご馳走様でした。材料さえ揃えば意外と簡単なタイ料理!また作るぞー!

タイ・オーガニック旅行20070504:3

続いてトーマンプラーです!タイのさつま揚げです。マロンちゃんの大・大・好物です!!!

材料は「チリ・レモングラス・カレー・塩」を混ぜたペーストと、卵、油、魚の身のすり身、こぶみかん(バイマックル)の葉の千切り、インゲン豆の千切りです。
thai1aa.jpg

まず、魚のすり身にチリ(カレー)ペーストを混ぜます。
これが美味しいチリペーストですね。
thai2aa.jpg

次にこぶみかん、インゲンを混ぜ、そして全卵1個を混ぜて粘りを出します。このとき、手でたたいてこね混ぜたほうがより良いそうです。
thai3aa.jpg

スプーンで一口大の平べったい丸形に成型し、揚げ油の中に落としていきます。
thai4aa.jpg

こんな感じに・・・。
thai5aa.jpg

マロンちゃんもやってみました。
thai6aa.jpg

揚げるときは、油の中でフライ返しで一度平らに押しつぶしていました。かなり膨らみます!
thai7aa.jpg

インゲンに火が通ったら、魚にも火が通っているからOK!スイートチリソースを添えていただきます♪
thai8aa.jpg

つづく。
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。