英語の苦しみから解放された?マロン

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

アメリカに来て1年が経とうとしています。
昨年7月にやってきて、1ヶ月ノンビリした後、8月からUSC IBEAR MBAでの聴講生としての学生生活が始まりました。

このプログラムはとてもユニークで、一般的な米国式ビジネス・スクールと異なり、1年制5学期で構成されていて、約60名のクラスメート達がほぼ毎日同じ教室・同じメンバーで一緒に授業を受けるのです。

いや〜

いや〜

つらかったです(聴講生なのに)。

今日は主に英語取得について書きます。

1)入学当時:留学生の多くが言ってることがめちゃくちゃ。発音も文法もあったものではない。この時期ネイティブの学生はネイティブだけで集まっていたので、相当彼らにもストレスが溜まっていたと想像される。下手な英語に対して、露骨に嫌な顔をする学生がいたのはこの時期。

2)1学期経過:留学生の英語はまだまだダメ。でも次第にネイティブの学生の間で「英語は下手だが、こいつはバカではない」との認識が広まってくる。競争意識一辺倒から、お互いに尊敬の念や仲間意識が芽生えてくる。

3)2学期経過:次第に留学生の発音・伝え方が改善されてくるが、一方で留学生の英語がネイティブ学生に感染し、ネイティブ達の英語が崩れてくる。帰宅して「英語が下手になった!何が起こったのか?」と家族に言われる学生も。お互いに意思の疎通がスムーズになり始め、次に文化摩擦が発生しはじめる。

4)3学期経過:言葉が通じないのは、英語の問題ではなく文化背景の違いだということに気がつきはじめる。母国語を英語にするのではなく、相手に伝えるための英語を意識しはじめた時期。お互いに理解を深めることが出来、いちばんクラスがまとまっていた頃。自分の本国に1週間一時帰国し、また英語力が元へ逆戻りした学生も。

5)4学期経過:就職活動が本格化する時期。厳しい経済状況の中、学校側が提供するプログラム内容に、いっそう厳しい要求が学生から出てくる。聞けば例年、どこのビジネス・スクールでもあることらしい。不満があるならば、自分達で行動を起こして解消しようとする。
授業でもネゴシエーションやディベートをせざるを得ない状況が多々あり、この頃にはかなり英語が上達したと感じる学生も。

6)5学期:ついに1年の締めくくり。1年間ずっと一緒に過して感慨一入。欧米人達はチームワークを学び、アジア人達は自分の意見を論理的にハッキリ話すことを学んだ1年。一言に英語といってもヨーロッパ、イギリス文化圏、アジア、アメリカ、カナダと発音・話法は異なってくる。それぞれに学生達の耳が慣れてきて、ひととおりの意思疎通やレポートには困らなくなった。でもやっぱり1年はかかると実感。


・結論
日本に住んでいての英語取得は、戸田奈津子さんでもない限りかなり無理だとわかりました。理由は、日本で触れる英語と実際にネイティブたちが話ししている英語が、けっこう違うからです。

想定外のことを質問されたときにどう答えるかで、最も語学力は伸びるような気がした。特に日本人は自分で考えている以上に、ロジカルに話す訓練が必要。

日本人の英語の発音が下手な原因は、外国語をカタカナ英語におきかえてしまうこと。英語を英語の発音で覚えたほうがいい。

聞き取りできない音は発音できない、というのはどうやら正しいらしい。なぜなら発音が下手な学生ほど、聞き取りが出来ていないから。

大量にハーバードのケースを読んだ経験も、無駄では無かったらしい。英語でニュースや本を読むのが苦にならなくなった。

また、こちらの本も参考になりました。

honosusume.JPG

外国語を身につけるための日本語レッスン

今、日本に住んでいる人が、どうやったら英語力を伸ばせるかという内容の記事ではないのですが、何か少しでもご参考になれば幸いです。

3)マロンちゃんと英会話を学ぼう!

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

しばらくこちらの記事を投稿することが出来ませんでした。
その理由はどれでしょう?

1)授業が忙しかった。
2)ネイティブのクラスメートから教えられた英語表現は、公の媒体に掲載するには不適切な内容のものが多かった。
3)ここしばらくマロンは精神的に不調をきたしていた。

昨日は、久しぶりにTOEFLを受けてきました。California International Universityという、パサデナからメトロを乗り継いでいける会場にしました。

1_CaliforniaInternationalUniversity.jpg
# 画像は学校のHPからお借りしました。

当初、これはVISA発行専用大学か?と思えるくらい古い建物にある大学だったのですが・・・受付スタッフの皆さんとっても優しくって親切。日本で受けたTOEFL会場より設備も良くって快適でした。

TOEFL受験の結果は・・・?



うふっ



USCのビジネススクールで聴講生として授業に苦しむこと3ヶ月・・・


TOEFLは、めちゃ簡単に感じました


ハーバードのケースに比べたら、ReadingのPassageなんて軽い・軽い。
ネイティブとのガチンコ討論に比べたら、Listeningなんてまだ易しいっす。
大量に課せられるライティング・アサイメントに比べて、30分で仕上げるショート・エッセイなんて・・・エクササイズ程度?
でも、口下手のマロンはスピーキングにはちょっとてこずりました。(やっぱり日本人?)

・・・TOEFLの後で、クラスメート主催のパーティーに行ってお友達にその話をし「スピーキングがちょっと・・・」と言うと、

は?お前、One of the Gossip girls じゃね?

という目で見られました。

マロンは、常に新しいことにチャレンジするときは、Do it before think it.(走りながら学ぶタイプ)なのですが、ネイティブのいない語学学校より、ネイティブのいる実際の大学授業の聴講生になる、というお金の使い方で正解だったなーと思いました。

ただし、何を目的としてその時間とお金を使うかによります。大学院留学を目指してTOEFL専門学校や、志望する大学院の併設語学学校へ通っておられる方は、聴講生制度を利用して志望学部にさっさと入ってしまうほうが絶対お勧めです。
理由は、ネットワーキングを形成出来るし、かつ授業内容が「的外れ」でないかどうか確認することが可能です。
マロンの場合は、経路については模索中だけど人生のゴールはもう決めているので、お金でネットワーク(教授や在校生とのコネクション)と時間を買いました。回収できる能力があれば投資は可能と学びました。

てか、やっぱり人生ってローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターンですね(少ない投資で大きなリターンは無い)。

ビジネススクールに聴講生で入って以来、大半が苦しいことばかりでしたが、中だるみがやってくる3ヶ月目にして、やる気復活です。


答え:All of the above.

2)マロンちゃんと英会話を学ぼう!

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

(気が向いたときに)ロサンゼルスでネイティブのアメリカ人が話しているカジュアル・イングリッシュをご紹介いたします。


※ ポイントとなる表現だけ英語になっております。日本語に訳してみてね。



マロン「シー○ィンが焼いてきた美味しいクッキー食べた?」
サン○ェイ「食べたよ!美味しかったね!」
マロン「マロン、2つ貰っちゃった・・・♪」
サン○ェイ「2つも貰ったの? Wow! High demand !(MBA英会話)」


マロン「今度のプレゼンのテーマ決まった?」
サン○ェイ「まだなんだよ〜、マロンは?」
マロン「Cool Sakeをやるねーん。」
サン○ェイ「なんだい?それ?」
マロン「Cool Sakeはね、缶に入っている時は液体だけど、グラスに注ぐと凍ってシャーベット状になる日本酒なのよ!」
サン○ェイ「Wow! Cool !! Literary, cool !!

マロン「そういえば、サン○ェイは卒業後どうするの?」
サン○ェイ「元いた職場に戻ってもいいし・・・でも、自分の会社を起業することも考えているんだ。」
マロン「おぉ!それは素晴らしい!MBA students must be ambitious !
サン○ェイ「Yeah !


いかがでしたでしょうか。
連載が続くように頑張ってネイティブとお話します。
ではでは。マロン。

マロンちゃんと英会話を学ぼう!

認定はちみつマイスター・マロンです。

ただ今、はちみつマイスター・マロンの蜂蜜講座を無料で開講しております♪

今日から(気が向いたときに)ロサンゼルスでネイティブのアメリカ人が話しているカジュアル・イングリッシュをご紹介いたします。


※ ポイントとなる表現だけ英語になっております。日本語に訳してみてね。


マロン「なあ〜サン○ェイ、昨日の夜何時に寝た?」
サン○ェイ「昨日さあ〜晩御飯食べて・・・それから8時くらいにすぐ寝ちゃったんだよ。I was DEAD tired !!


シー○ィン「最近、夕食後に軽くランニングしてるんだ。食べすぎで・・・。」
マロン「えー、そうなんや!マロンはジムにヨガを習いに行こうかなって思ってる。」
シー○ィン「本当?じゃあ僕も Beauty Prison へ一緒に行こうかな。」
マロン(シー○ィンが漫画プリントのTシャツを着ているのに注目)
「あれ〜、シー○ィンって漫画プリントのTシャツ好きやなあ。」
シー○ィン「Yes. I am obsessed !!


ディー○「マロン、おはよう。珈琲買って来たんだ?BOLDとMILDどっちにした?」
マロン「ディー○、おはよう。もちろんBOLDに決まってるやん!月曜日の朝だもん!」
ディー○「Oh...! Smart girl!!


いかがでしたでしょうか。
連載が続くように頑張ってネイティブとお話します。
ではでは。マロン。
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。